更年期だからと言って病院に受診する人はまだまだ少ないの現状

更年期に起こる症状は人によって違い、つらい症状を抱えている人もたくさんいます。しかし、更年期は病気でないという先入観があってからか、そのまま放置してさらにひどくなっている人も多いです。実際に病院を受診する人は全体の25%程度ですが、何の病気かわからないまま受診している人が現状です。

更年期が原因であれば婦人科に受診しよう

精神的な症状の場合はまず心療内科を受診する人が多くて、抗うつ剤を処方されたとしても、なかなか症状が回復しないです。そのため、心療内科に受診したとしても意味がなく、更年期が原因で起こるのであれば、最初から婦人科に行くべきなのです。

婦人科と言えば、妊娠や出産のために受診する診療科目という風に思いがちで、更年期障害については対応していないという風に勘違いしている人が多いです。婦人科は女性のための総合医療に対応してくれる診療科目です。そのため、更年期障害についても対応してくれますので、ぜひとも受診してみてください。最近は婦人科でも更年期外来ということでアピールしているところも多くあります。

婦人科に受診するタイミング

婦人科に受診するタイミングというのは、もしかしたら更年期障害かなという風に思った時が一番いいのですが、なかなかそれを自覚できる人はそれほど多くないです。受診するタイミングとしては、生理周期に乱れが出てきている時や更年期ならではの体の不調がひどくなっている時になります。更年期障害は40代から50代に起きる症状なのですが、若い人でも起きることがありますので、我慢せずに受診してみましょう。