若々しい肌を保つためにコラーゲンやヒアルロン酸を摂取しよう

更年期が終わると肌が老化してきたりします。若々しい肌を保つためにもコラーゲンやヒアルロン酸を摂取しましょう。コラーゲンはタンパク質の一種で、関節のクッション部分や肌の真皮の弾力に関わっています。ヒアルロン酸はムコ多糖類と呼ばれる糖類の一種で、肌の潤いをためつために必要なものです。

コラーゲンもヒアルロン酸も更年期が終わると減少していきますので、肌のためにもうまく摂取したほうがいいです。どちらも肌にとって必要な物質です。コラーゲンであれば手羽先や牛スジ、ツバメの巣、フカヒレなどの含まれていますが、ヒアルロン酸を食物から取るのは難しいです。コラーゲンやヒアルロン酸はサプリメントして販売していますので、うまい具合に利用してください。

骨粗しょう症を防ぐためにカルシウムを摂取しよう

更年期が終わると骨密度が低くなっていき、骨粗しょう症になる可能性が高まります。骨粗しょう症が進んでいくと、歩けなくなり寝たきりの生活になります。成人になってから骨密度が増えるということはありませんので、カルシウムを積極的に摂取して骨密度を維持させます。カルシウムだけでなく、吸収を助けるビタミンDも同時に摂ることです。カルシウムの必要量は毎日200mgです。

心筋梗塞や動脈硬化になるリスクがあるために脂肪の取りすぎに注意しよう

更年期を境にして心筋梗塞や動脈硬化になる確率が高まります。特に脂肪の取りすぎに注意したほうがいいです。背の高い魚は血液をサラサラにしてくれる成分が多く含まれています。